読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心を病むとヒールが履けなくなる

心を病むとヒールが履けなくなるって知ってました?

私は知らなかった!

 

諸事情で心のバランス崩して通院中です。

 

色々とできないこと、情緒不安定なことはもちろんあるんだけど一番びっくりしたのがヒールが履けない。

 

ちゃんとしてた頃は比較的意識してヒール履いてた。

このスカート丈はヒールじゃなきゃ変、あの街を歩くにはヒールでないと浮く、楽しみな予定があるからヒールを履く、など。

一応TPOにあわせていたというか。

 

ただ病気をしてからは8割スニーカー。

服も『スニーカーにあう服』を選ばざるを得なくてカジュアルスタイルに変わってる。

 

なんでかというと、単純にヒールを履いて歩き続ける気力がない。

よく鬱の人は日常の基本的な動作ができなくなるのが初期症状と言うけど(リモコンがとれない、お風呂入れない、歯が磨けない、着替えられない)私にとってはそれがヒールだったんですね。

 

履けてた時って『ヒールを履きたい(履かないと)>足の疲労感』

という、いわば気力で履いてたけど今はこの気力が全くないから足の疲労感に心がついていけないんですね。おそらく。

 

ヒールを履いて18時間稼働をしていたときが思い出せない。今は20分歩いただけでヘトヘト。

 

心を壊すとしくしくしちゃったり、死にたくなったり精神的な変化が目立ちがちだけどこういう変化もあるんだなって。

備忘のためメモ。